新着情報
活動報告
環境問題
2014年1月9日(木)

12月議会での一般質問をご報告いたします

国政は、安倍自公政権になって、悪政の暴走が進められています。消費増税や秘密裡のTPP交渉、社会保障の解体、秘密保護法制定、靖国神社参拝、沖縄辺野古への新基地建設・・・どれも住民抜きで、数の力を借りて強引に行われているものばかりです。

安倍首相は、次の国政選挙までと言われる3年間の間に、危険な原発の再稼働、増税で金を作り、法整備で国民を黙らせ、軍隊を持ち戦争に駆り出すと、日本を戦争できる国にすっかり姿を変えようとしています。

今こそ、国民が力をあわせてこの暴走を止めなければ、孫子の未来が絶望の暗闇になってしまいます。
今年は、大変重要な年になります。頑張りましょう。

年初めに夫が一句読みました。
            初春に、孫子の幸を願いつつ、憂うべきかな軍靴の響き  (章文)

12月議会の一般質問が多くなったのは、安倍政権により、やはり心配な点が多くなっていることが背景にあります。こうしたときこそ、地方自治体がしっかりしなくてはなりません。

引き続き、村が、悪政から村民を守る防波堤になる村政を求めてまいります。