新着情報
活動報告
環境問題
2012年11月17日(土)

意見聴取(会)終了後、初の原特委員会開催

15日に開かれた委員会では、原発推進議員らの問題ある言動により、委員会が1時間余り非公開とされ、議論した内容でも問題を残しましたが、議会は数が決定的ですので決められてしまいました。委員会で何が問題だったのか、大名ニュースで紹介させていただきました。

委員会がまとめた結果は、委員個人が公表するのは良いという事ですので、近いうちにご報告いたします。今お知らせしたいのですが、、私の技術が未熟なため5枚のプリントをどう扱っていいのか教えていただかなければなりません。少しだけお待ち下さい。

委員長は、まとめの公表の方法を決定してから、委員会を公開にしましたが、傍聴の方々はなぜ傍聴できないのかわからなかったのではないかと思います。1時間以上待っていただき申し訳なかったと思います。

公開後の委員会では、まず意見聴取の感想を出し合い、次に今後の委員会の進め方について話し合いました。傍聴をされていた方が、発言内容を記録されましたので、勝手に紹介させていただきますが、こちら http://office-aoba01.seesaa.net/ の16日付、http://genpatu-zero.seesaa.net/article/302009080.htmlの15日付けとをぜひご覧になって下さい。

今回の委員会でも、O議員が、「意見聴取が終わったのだから、請願を採決すべき」と言い出しました。「住民の意見をもとに、請願の内容について議論すべきだ」、「採決はまだ早い」との意見が多数となり、次回、12月18日の委員会から議論をすることになりました。

特に原発推進の議員が、委員会で十分な意見を述べないことについて、傍聴者の1人から、「住民も一生懸命発言した。議員も自分の言葉で真剣に意見を出してほしい」と、要望が出され、委員長はこれを受け入れました。