新着情報
活動報告
環境問題
2011年11月23日(水)

福島被災地を視察

23日、機会ありまして原発問題住民運動福島県連絡会の早川さん、伊東さんに案内いただき、津波で壊滅した久ノ浜商店街、人口5400人のうち300人しか戻っていない広野町(いずれも30㌔圏内)、20キロ圏検問所前(楢葉工業団地入り口)を視察してきました。久ノ浜商店街の無惨な光景、戸締めの家がならぶ広野町、検問所の物々しさ(岐阜県警が応援に入っていました)に、改めて震災のの大きさに胸が痛み、東電、国の責任の大きさに怒りがわきました。検問所すぐ近くにJブィレッジという日本初のサッカー練習場(東電が130億円を出してプレゼントしたもので、当時このつけは何かありそうだと思っていたら本当にこんな事故がおきてしまった)があり、ここで1日約3000人の原発事故処理にあたっている方々が着替えて現場に向かうそうです。グランドには着替えた作業服を入れるコンテナがたくさんあります。この汚染された作業服の廃棄方法も課題になっているということです。福島県議会が10の原子炉すべて廃炉の決議をあげましたが、実際は第二発電所の事務室も全部修理を行っており再稼働の準備ではないかと危惧されていました。