新着情報
活動報告
環境問題
2017年10月27日(金)

東海村産業・情報プラザ(アイヴィル)の利用向上のために

産業・情報プラザ(アイヴィル)の

認知度高め、魅力ある施設に、

利用がすすむために


大名  アイヴィル利用の方から「1階の女子トイレは和2洋式3

うち洋式2つが使用禁止。ホールのマイクは音が飛びやすく、プロ

ジェクターはスクリーンが不鮮明」など寄せられた。役場として貸館機

能部分の利用状況と、利用者の声等把握しているものはあるか。

村長公室長  本年度4月から9月までの稼働率は、昨度の同時

期比30%増。しかし認知度はまだまだ不足、更なるPRが必要。

トイレ、音響・映像等の設備関係は老朽化に伴う不具合が多発。

今回の補正予算でトイレの排水管調査委託料及び空調整備改

修設計委託料を計上。画的に改修工事を実施する予定。

また音響・映像設備では利用者から特にプロジェクターの映

像が不明瞭とのご意見が多く、新年度に音響・映像関係の

器入れ替えを検討中。

大名  音響やプロジェクター機器は、施設の魅力につながる

機器入れ替え計画の内容はどうか。

村長公室長  プロジェクター、マイク、スピーカー、操作など、

音響や映像に関連する機器一式の更新。契約方法は検討の結

5年間のリース契約を予定。理由は、

①導入費用が低く抑えられ、費用の平準化が図れる

②機器の入れ替え予測が立てやすくなる

③リース期間終了後に改めて最新の機器の導入が可能など、施

設のPRポイントにできる。

大名  レーザーポインターが貸し出し物になっていない聞く

が、加えてはどうか。

村長公室長  レーザーポインターは、使用機会が多いと考

られるため今年度中に準備したい。