新着情報
活動報告
環境問題
2011年11月7日(月)

教育委員会に12年度予算要望



7日、午後1時30分から予算要望と交渉を行いました。要望項目は、全91項目です。
今年は、3月11日に大地震を、直後に原発過酷事故を体験し、これまでの生活を一変させられた大変な年になってしまいました。
12年度予算編成に当たっては、震災と放射能汚染から子どもたちを守る施策を最優先でとるよう求めました。また、宿幼稚園と村松保育所の一元化が進められていますが、施設の建設場所は、津波などの被害にあわないよう、十分な検討が必要であることを求めました。
教育長は、放射能の測定、公表、除染などは、村長部局と連携して進める、宿幼稚園と村松保育所の施設の建設場所については、検討が必要なことは認識していると述べました。
なお、本来、午後3時30分から村長に要望書を提出し、交渉を行う予定でしたが、村長の体調不良により、要望書提出のみ行い、交渉は後日おこなうことにしました。