新着情報
活動報告
環境問題
2016年1月16日(土)

使ってはいけない公園?子ども達は道路でボール遊び

まとまった土地を確保し作られた公園ですが、現在は遊具もはずされ、利用者がほとんどいない公園です。子どもたちは、「公園でボール遊びをしてはいけない」と表示されているため、道路に出てボール遊びをしています。「村は、公園についてどんな風に考えているのでしょうか」と、疑問の声が寄せられました。

 



早速、役場の考え方を聞いてみました。

役場: 「公園内での使用規制は、危険性があるもの。他に利用者がなくボール遊びをしても危険がないかなと判断される場合もあるかと思うが、例えば、近くの民家のガラス窓を割ってしまったようなときの責任問題がむずかしくなるため、基本、使用規制をかけるようになってしまっている。いろいろ矛盾があるとも思われるが、地域での話し合いや合意のようなことも必要になるのかもしれない」、とのことでした。

ご一緒に考えていきましょう。