新着情報
活動報告
環境問題
2015年11月13日(金)

おかしい!議会原子力問題調査特別委員会が、請願を採決せず!

2013年6月議会に提出された住民請願 日本原電東海第2原発で過酷

事故が起きた場合において、具体的な避難計画の策定ができ

ないかぎり再稼働は認めないとする意見書採択を求める」請

願書は、

その後、約2年半かけて審査をしてきました。今回、「審議未了とする」を主張した議員らは、もともと積極的に審査しようとする姿勢は感じられませんでした。福島第1原発視察のときも、「委員会でなく会派ごとなど、見たい人が見ればいい」などまで言い出す委員もいて、実際、視察に参加しない委員もいました。

「避難計画ができない限り、再稼動を認めない」というのは、ほとんどの村民の思いではないでしょうか。採択以外にないはずの請願書だったのですが、「再稼動は認めない」という表現があること、また、過酷事故時には、全ての被害・損失に賠償するよう求めていたりなど、住民にとっては当たり前だが、原電にとって不利になる内容が含まれていると判断し、だからと言って「不採択」にはできず、「審議未了」ということでしょうか。無責任です。

また、この日の委員会傍聴に来ていた原電の職員が、許可なく隠すように委員会

の議論を録音していました。

規則違反を平気で行う、これを原電の体質と見ていいのでしょうか。

原電は、議会傍聴は、しょっちゅう来ています。これまでも録音していたとしか思えません。

信頼がもたれる行為をするならわかるが、議会傍聴規則違反を平然と行う。信じられません。原発操業への信頼が得られるはずがありません。

13日づけ大名美恵子ニュースで紹介しましたので、お読みください。