新着情報
活動報告
環境問題
2015年9月17日(木)

17日16時半過ぎ、参院特別委、戦争法案の強行採決、可決!絶対認められない!!

絶対、全く認められません。

安倍政権がこれほどひどい、国民をまるで無視した政権とは。あってはならないことを強行したのです。いっしょの公明党も全く理解できない。支持母体の創価学会員から、戦争法案に反対するよう求められても無視する。一体どこをみて政治を行おうとしているのか。衆参での議論をつうじて明らかです。アメリカ国と米軍に喜んでもらうため、アメリカの求めに応じて、自衛隊と国民と日本国憲法を、アメリカに差し出したいがための結果です。

雨の中、国会周辺には大勢の国民が、参院平和安全法制特別委員会の議論を見守り、法案の強行採決は行わないよう求め続けました。しかし、17日午後4時半過ぎ、自民、公明は、憲法違反の戦争法案の採決を強行し、与党などの起立多数で可決させました。断じて許させるものではありません。

                   16日、地方公聴会会場前で抗議する国民   

特別委員会では、17日午後、民主党議員の提案で、鴻池祥肇委員長(自民)の不信任動議を提出、同じく民主党議員と共産党の井上哲史議員(午後3時)が賛成討論を行いました。しかし、与党はこれを数の力で否決しました。そして関連法案の採決に踏み切ったのです。 

17日午前、締めくくりの質疑を始めるためとして、鴻池委員長は職権で特別委員会の開会を宣言しました。しかし、野党としては到底、「議論がつくされていない」「安倍政権は立法説明ができていない」「公述人の話を無視している」「学者、憲法学者、その他多くの国民の声を聞こうとしない」などなど、議論を締めくくる段階ではないと、鴻池委員長の解任を求める不信任動議を提出しました。

  国会を包囲する45,000人

  国会正門前の35,000人「法案は廃案、強行採決反対!」